アンチエイジングの最近のブログ記事

育毛剤と言えば男性用のものというイメージがありますが、実は女性専用のものも多数発売されています。
近年になって、薄毛や抜け毛で悩む女性が増えているため、女性用の育毛剤も増えてきているのだと思われます。
女性の薄毛や抜け毛は、男性のものとは原因が違うと言われています。
ですから男性の抜け毛の原因に対処するために作られている男性用の育毛剤を使っても、女性の薄毛にはあまり効果がないことも多いのです。
例えば、男性の薄毛の原因は遺伝性のものも多く、これは男性型脱毛症と言われるタイプの脱毛です。このタイプの抜け毛解消用に作られたものを使ったとしても、女性にはあまり効き目がないと言えます。
女性の薄毛は男性のものとは異なり、適切なケアをすることで回復しやすいです。
ですから、男性のものではなく女性専用のものが良いのです。
女性の抜け毛は男性よりも原因が多いようです。女性特有の原因と言えば、妊娠、出産などに伴うホルモンバランスの変化です。
このような女性特有の原因に対処するためには、女性用育毛剤を使うのが良いでしょう。
原因に合ったものを使うことで、望んだ結果を得られやすくなると思います。
間違ったものを使っていてもあまり意味が無いですからね。

01.jpg最近では女性の薄毛が増えているらしいですね。
女性週刊誌や美容雑誌などでもヘアケアについての特集が組まれることも度々ありますね。
そのせいなのか分かりませんが、ウィッグも人気になっているみたいですね。
女性の場合は、男性と違い育毛剤を使うのには抵抗があるのでしょうね。
男性の場合は、ウィッグではなく育毛剤を使う方が多いでしょうね。
そんな育毛剤を選ぶにはこちらを研究すると良いですね。
育毛剤でどうしようもない場合は、ウィッグやかつらを使う必要があるかもしれませんが、まずはヘアケアをして、自分の髪が回復する方が嬉しいですよね。
髪の量が変わるだけで、若く見えたり老けて見えたりしますので、本人にとってはすごく深刻な問題です。
抜け毛で悩んでいる方の悩みが解消できるといいですね。
ちなみに私も薄毛で悩んでいます。
私がやっている育毛解消方法は以下の様なものです。
まずはシャンプーで頭皮を綺麗にします。毛穴の汚れをとることを心がけて洗います。
そしたら、しっかりと乾かします。ドライヤーを使うとダメという意見もありますが、私はドライヤーを使っています。
しっかり乾いた後で育毛剤を使います。
以上で終わりです。
これを数ヶ月続けて様子を見ます。
ダメだったら、違う育毛剤に変えてみましょう。

寒い、寒い、寒い。

冷え症のワタシにとっては今日のこの寒さはことさら辛く感じます。でしょ?
白湯を飲んでますけど、その瞬間だけしか温まらないですよね。調べると、
ショウガを入れると3時間はポカポカが続くみたいです。

ショウガを普通におろしたものを白湯にいれればいいのかな?

なんか以前、生はダメで乾燥させたものを使わないとダメだという話があったような。。。
あっ、ありました、加熱したり乾燥させると、ジンゲロールの一部がショウガオール
になってこれが身体を温めてくれるみたいです。

スライスしたものやみじん切りにしたものを加熱してから白湯にぶちこむと
いいのかもしれません。ちょっとこれはやってみたいと思います。

冷えとリンクしているなーと思うのが乾燥です。肌のバリア機能の修復であったり、
肌の機能というのは36℃付近で活性化するので寒いとダメなんですよね。

皮脂も固まってでてきませんからこれも乾燥を後押しする結果になっているんだと
思います。40代ともなると、ただでさえ皮脂の分泌量が減るのでこれはもうダメですね。

こんなに皮脂が減るとは。。。 情報元 40代女性の皮脂ケア

身体を冷やすというのはすべての機能を低下させるということです。よくSF映画でも
延命のために冷凍カプセルに入りますが、身体を冷凍することで老化も止めることが
できるということなんでしょうね。

中途半端に冷えているのが一番、よくないのかもしれません。


よかれと思ってやっていることが実は間違っていたなんてことはよくあります。

特にテレビの情報を鵜呑みにしている人は要注意ですよね。テレビは正しい
情報を伝えるのではなくてあくまで、視聴率をとってメディアとしての価値を
高めてスポンサーから金をせしめるというビジネスモデルです。

そのため正しい情報よりもウケる情報を流しますし、スポンサーによって
都合の解釈や情報操作を行っています。新車のあの独特なニオイは化学成分に
よるもので身体に悪いなんてことは車メーカーがスポンサーですからいえません。

同じようなことが化粧品についてもいえます。

肌の構造やメカニズムから考えるとスキンケアって極力何もしないほうがいいです。
やることといえば、肌本来の機能を発揮できるように環境を整えることです。

外部から有効成分を与えるとか、そういうことは必要ないんですね。このサイトにも
そのあたり詳しく書いてあります。>>保湿ケアの正しいやり方

化粧品メーカーとしてはたくさん商品を買ってほしいですから、毎日のスキンケアでは
あれを使えとかこれを使えといってくるわけです。アイテム数が増えれば増えるほど
肌には摩擦が増えるので環境は悪くなります。

肌環境が悪くなれば潤いも失われます。うるおうのは化粧品メーカーの懐だけです。

是非こういうカラクリを知ってほしいなと思います。皮膚科の先生に話を聞くのが
多分一番いいと思います。どうすれば肌がきれいになるかを知り尽くしてますから。

同じように髪の毛の悩みについても美容師さんではなく、頭髪専門外来の先生に
話を聞いたほうがいいと思います。ポジショントークというのがあるってことです。

こんな時間まで起きているのが原因だろうな。

最近、年齢の割には老けているね、といわれてショックを受けています。
今度あのオヤジにあったら首を絞めてやろうと思っていますが、本当に
失礼な人っていますよね。

でも、的外れとか身に覚えがないわけでもないんです。ここ最近ですけど、
どうも目の周辺がくぼんできた感じで、老けてきてはいるんですよね。

特に乾燥がひどくて、こんなの絶対買わない!と思っていた目元専用の
スキンケアアイテムに手を出している始末です。本当に気が弱いというかなんというか。

これね。>>目元の乾燥・小じわアイクリームの特集サイト

まぁ、でも高いだけあって、それなりの成分が入ってます。使い勝手からして
高級品という感じがするんですよ。使ったことがない人はトライアルでもいいので
試してみるといいと思います。

そんなわけで、夏のダメージが肌にでているのかもしれませんが、どうにかこうにか
老けてみられる顔をなんとかしないといけません。そのためにはまず、年齢が一番出る
という目元ケアから見直そうと思っています。

でも、そんなスキンケア頑張るよりも早く寝たほうがいいんでしょうけどね。

乾燥肌は美白が効きにくいそうです。

理由は肌のバリア機能が低下した状態は美白成分が浸透しにくいということですが、
そもそも美白成分はバリア機能を破壊して浸透させるものなので関係ない気がするんですよね。

他に考えられるのは美白成分の効果効能よりもメラニンが発生するスピードが速いということ。
乾燥肌はバリア機能が低下しているので、紫外線の影響を受けやすくそれゆえ肌内部で
生成されるメラニンの量が多いらしいんです。

これであれば乾燥肌に美白が効きにくいという理由も分かる気がします。

いずれにせよ乾燥肌であっても美白したいでしょうし、そのためにはとにかく美白よりも
保湿を優先する必要があります。そこで使う美白アイテムですが、2通りのアイデアがあります。

化粧水とクリームは保湿系を使って美容液に美白系を使うこと。もうひとつはラインすべてで
乾燥肌用の美白化粧品を使うということです。乾燥肌をしっかり潤してなおかつ美白もできるものが
今ではあるんですね。

そのひとつがこれです。乾燥肌に使うクリーム美白を特集

ここ最近の美白コスメ全般にいえることですが、保湿力が格段に向上しているんですね。
なのでよほど粗悪なものを選ばないかぎりは乾燥肌や敏感肌の人も安心して
美白アイテムを使えるということです。

特に保湿力を重視する場合はクリームに注目するとよさそうですよ。

昼間暇なときはときたま、窓を開け放ってテレビ付けて、冷え冷えの麦茶飲みながら本読んだりすることがあるんですが、
やってますよね、テレビショッピング。
とくに健康を意識したものがうるさい。耳障りです。耳に残るけど。
サプリメントを扱うやつから、座いすにすわったまま腹筋ができるものから
あるいはアメリカのCM持ってきたような如何にも日本らしくないグッズを紹介してるようなものまで
いろいろあるわけです

そんなちょっぴり使ったところで目に見えるほど体が引き締まったり
運動不足が解消されるわけもないのにね。
なーんて思いながら知り合いの家にお邪魔したら。

あった。笑

一体何を期待して買っているのか、私には全く理解不能だが、健康意識が高いことだけはわかった。
健康意識だけでいったら私も負けてないんですよー、
まあね。関心が無い人からいったら大同小異なのかもしれないけどね。
将来後悔するのは、私じゃないですから。。。
環境設定
1
2
3
4
5
6
7
8
9
0
-
^
¥
Backspace
Tab
q
w
e
r
t
y
u
i
o
p
@
[
Return
capslock
a
s
d
f
g
h
j
k
l
;
:
]
shift
z
x
c
v
b
n
m
,
.
/
`
shift
English
alt
alt

ウェブページ